プロフィール

たまむし

Author:たまむし
♪ようこそ♪
*ご訪問ありがとうございます*
●たまむし:手仕事(編物、人形服、パッチワーク、刺繍、ソーイング)、ブライス(40体弱)、ワンコ2匹、庭仕事(特に薔薇)が大好きです。

主にブライス人形を12ヶ月に分けてのおはなし♪

時には、日記・家族や自分のことも綴っていこうと思います。

+時々こそっと*SHOPも開きます。



♪過去記事のコメントも大歓迎です♪*コメントは承認後UPされます*

2011.12~


我が家のワンコ

DSCN6371a.jpg
●M太:スムースチワワ 2003.7.24生  1.7kg前後 オス

DSCN0011a.jpg
●J丸:MIX大型犬
  22.6kg オス
2010/11動物愛護団体より我が家へ


(「ワンコ」のカテゴリ以外でもちょくちょく登場してます♪)

カテゴリ


最新コメント


最新記事


ご一緒にいかが?

↓参加してみました(*^^*)
お弁当日和~お弁当作り応援サイト♪~
~只今*お休み中~

月別アーカイブ


まとめ
 

 ***ご訪問ありがとう!!!*** 


・・WEB SHOP こそっと*shopは只今・close・・
❤️〜ご来店♡ありがとうございました〜❤️
時々・・・TV番組の「金スマ」を見ます。

次回放送の宣伝を見ていて、
「これは。。。きっと見たほうがいい。。」
・・・と、直感的に思い、録画予約しておきました。
DSCN6413a.jpg


↓重い内容なのでたたみます↓
  (今日は、ブラックたまむし)


私も、はなちゃんのお母さんと同じ病気に
24歳の時になりました。

18年たって、いまだ生きてます。
生存者。

いったいどれ位の人が生き残るのか・・・


(子供には知らせていません。
高校卒業の頃。。。言おうかな?って。)



10年たっって、
何もなければ、まぁ、、大丈夫と言われている。。。的なことを
医者に言われた。


でも、私、ずっとお医者に「乳腺腫」と言う病名を知らされていて、
ずっとそれを信じてました。
(その様な病名がない事を後から知った!:ショック)
放射線治療と悪いところの切除手術(5H)のみでしたので、
上手く??だまされていたのです。。
全摘出は、免れました。
抗がん剤治療がなかったから・・・信じちゃいました。(アホな私)


☆本当の病名を主治医に確認できたのは、今から4,5年前かな。


産後、あまりに、体調が普通じゃないので
友人が心配して、病院に連れて行ってくれた。
そんな私を両親は知らん振りしていました。
助けてもくれず。手も貸してくれず。
夫も、本当の病名知らないものだから。。。???だらけで。
そこで、違う病院の女の先生に、本当の病名を知らされた。

私は、左脇のリンパ腺を検査?のために切った。
(手術で腋窩リンパ節を全て取り除く"腋窩リンパ節郭清")
「どうしてきったのですか?」
と、その女医さんに聞くと、・・・しばらく沈黙があり、
「ガンが回らないために切る。」・・・と。
~~~ソコで初めて気づいたのです!~~~
~~~色々調べて病院に連れて行ってくれた友人に感謝です**



その後、リンパ腫専門の病院を紹介され、
夫が東京まで一緒に車で行ってくれました。
リンパ腺を切ると、どういう後遺症があるかを知った。
リンパマッサージも教えてもらった。そこで本も買った。
どうも、左の脇下のリンパの方が、右よりたくさん仕事をしているらしい??
体の上半身左と下半身全体?もしくは上半身全体と下半身左だったか。。。
をつかさどっているようだ。
(↑この記述、定かではないので、あしからず:あやふやですみません!)
ばい菌とか疲れとかを処理する能力が駄目になってしまうらしい。。
その専門医の先生に「疲れちゃダメなのよね。」
と言われ、何に腹をて立てていいのか分からないのだけど。。。
異常にその言葉に腹が立ちました!!!
(その先生自身には腹は立ちませんでしたが。。。
でも。。主治医には腹が立ちました・・・(;;)信じて付いて来たのに。)


何にも知らなかった私。
でも、本当の事が怖くて・・調べなかったのかもしれません>私。


当時、先生に「リンパを切ったらどうかなるのですか?」と尋ねたことがある。
「どうにもなりません。」と、先生は言った。
ああ・・・信じた私が馬鹿だったのか・・・
きっと、若い結婚前のお嬢さんに、安心してもらうために何も知らせたくなかったのだろう。。
でも、ショックだなぁ~~

なにやら、水が溜まってしまう「リンパ浮腫」と言う
像の足みたいに腕が腫れて元に戻らなくなる後遺症もあるらしい。
蚊に刺されただけでもなる人はなるらしい。。。
そんな事も、主治医は教えてくれなかったな~~~










手術後、直ぐに結婚したのですが。。
2年間は子供は作ってはダメ。と、お医者に言われてました。







「はなちゃんのみそ汁」
・・・を見て、更に知った事、
出産すると、再発のリスクが高まる!
(@@)ああ、それも知らなかった。。。
ショック。。。



かかりつけの手術をしてくれたお医者に聞いたら、
この病気になった後に、子供を出産した人は
今までに診た事がない。
・・・と言われました。
(外科の乳がんに詳しい先生だったのですけど。)
そんなに珍しいの??

若年性乳癌と言うのも、
当時は珍しかったみたい。





数年前、母を子宮がんでなくした。
それは、自分に重ね合わせると、とても怖い期間でした。
母:余命宣告:3ヶ月。
母は、私もおじいちゃんも癌だったのに、自分はまったく乳がん子宮がん検査も
受けてなかったようで・・・いきなりの余命宣告。
(まぁ、私の術後のアフターケアにも興味なかった母だから、
自分が癌なんて、思いもしなかったのだろう。。。???)
あれよあれよと言う間に、本当に3ヶ月で。。。


私は、生まれ:たった1800グラムの超未熟児で産まれてきました。
6ヶ月だか8ヶ月だかで出てきちゃったみたいで。
大変だった。と、良く母に言われた。母子どちらも瀕死状態。
助からないかも。。。と言われていたそうです。

「お前は、髪の毛一本でもオムツに挟まっていたり、
戸がちょっと開いただけでも、直ぐに泣く子で。。。」って。
私が息子を生んだ時に。。。自分の手術跡の胸を見られたくなくて、
授乳中には入って来ないで!!と言うと、猛烈に怒りました。
母からの強烈な捨て台詞:「お前は育てづらい子だったっ!!」と。
未だに・それ・トラウマ☆

父親は。。。毎年行く正月の外国旅行に行ってしまい。
私のお産には興味なし。
母親も、父が居ない間に遊びに行けるはずなのに、
私が里帰りお産に来てるので、煙たそうでした。。。
頼る人、親しかいないのに。。特にこんな時は母親。。
喧嘩したら、お産直前に、家出されて、困った事あった。。
弟はその当時、そんな家がいやで、この家族を捨ててカナダに行ってしまったので、
私一人ぼっちに。。。(;;)←どんな家庭やっっ
(でも私。。。子供産むまでは、凄く可愛がられていたんです。
特に父親には。弟はいつもいじめられてました。。(;;)
それも家族内でそんな事・ちょっとオカシイんですけどね☆)

大きなおなかを父親に見せたら、
汚いゴミでも見るように、手を振って、しっしっと、あっちへ行け!
と言うしぐさを無言でした。
それも・トラウマ☆
弟は、「あいつはおかしいから相手にスンナ。」
と、何年かして話したら励ましてくれた。。。
(私には、3つはなれた弟が一人居ます。)


・・・あ、話それた・・・
(多分・・私、ストレスで癌になったと思う・・・)
それから、本を買って母の癌の事まで勉強したけど。。
知らない事は、まだあったのだなぁ~
「はなちゃんのみそ汁」。。。








癌が治ると(癌の場合、治るとは言わないそうですが。。)、
お医者さんは、あまり面倒見てくれなくなります。
でも、生活の質は、ずっとずっと下がります。
その相談に乗ってくれる機関ってなかなかないのよね。
なんとか、家族の為にがんばるしかありません!!!

体は絶えず、重苦しくて、元気な日は、あれから一日たりともなかったな。
体全体が痛くなるときもあります。
(ストレスなのかな?リンパのせいなのかな?謎です。
どの病院にいっても、真剣に考えてくれるお医者にめぐり合えなくて!)

でも、今は、結構快適に暮らしています。
本当の病名が分かったので、疲れた時は直ぐ休むようにして、
体を冷やさないように、ストレスを溜めないようにしていたら、
良くなって来ました!!!
☆本当の病名を知らされないって・コワイコトです



でも、子供と夫と、ワンコ達の為に毎日がんばって行きます!!(^^)
ブライスもついてるし♪
お料理も、だるくてもそれなりに楽しもうと。。
テンションあげるのに一工夫♪
ブログも楽しいですし♪♪
手芸も♪


それなりに、生きていて*楽しい事は・いっぱい*アル♪


いつも、このブログに出入りして、楽しい世界を見せてくれる
ネッ友のみなさんに*感謝です!!!!
***ありがとう***


年の瀬に。。。きっかけがあったので、色々思いのたけをカミングアウトしてみました。暗い重い内容でごめんなさい・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

■ 蓬田よもぞさんへ♪ Re: 知らされることとされないこと

こんにちは(^^)よもぞさん♪

> あの頃は「患者に知らせる義務」がちゃんとしていなかったから、お医者さんもかなり悩まれたかもしれませんね。
今は。。。どんな病状でも、患者に伝えるみたいですね。
うちの母は。。。どうだったろう??ああ、記憶がありません。。
勝手に消えてしまったのかも。
ドラマみたいに、患者には病名を知らせない。。うその病名で隠し通す。。。
そんなの実際には、ないと思ってました!!(甘い20歳代でしたねぇ)


そんなわけで、、、
プチ更年期かも??と思った私は、、
専門の医者に行き、「モルモン治療」を受けてしまいました。。。
最初にv-21「乳癌の人はこの治療は再発する恐れがあるので、受けないでください!」
ってあったのに。。。知らないものだから、
私は「乳腺腫」だから平気!って、受けちゃってました。。。アブナイ(;;)
・・・でも、途中で、ドクターも凄く乱暴な言葉遣いの人でしたし、、、
不安もあって、やめてしまいました。。。(やめておいて良かった。。。)


> でも今は災い転じて福となりでしょうか?
そう!そう思った方がいいですよね(^^)ありがとう**


> 自分で治療選択ををして自宅で余命を過ごしました。
> それは家族と一緒にいられるからです。
ご親友の旦那様。。。そうでしたか。。
ご親友・よもぞさんも辛いご経験をされているのですね。。

私も、もし宣告されたら、おうちで過ごしたいです。。もしくはホスピス。。
でも、家族やワンコ・薔薇と過ごしたいから。。家かな。やっぱり。

母は最後にホスピスへ行く予定でした。。私と弟の希望で。
(自然にまかせ、延命処置はせず、痛みの緩和処方だけをする病院)
が、父はお金はたくさんあるのに、渋りました。。
充分個室を予約するお金はあるはずなのに。。それも渋って。。
でも、その前に病院でなくなってしまった母。。
気の毒でした。。

> 奥さんだけでなく2わんこ+1にゃんこ☆
> 無駄な延命処置をされるのはきっぱり断り、庭の見える部屋で息を引き取りました。
> とても素敵な方でした、何回泊っても嫌な顔せず歓待してくださり、娘さんがいないうちなので(息子さんが2人)いつもちょっぴり照れてお話をされてました。
素敵な方だったのでしょうね。。奥様とワンコとニャンコ、お庭に囲まれて。。
妻のお友達をおうちに泊めても、受け入れてくれる旦那様なんて、珍しいと思います!!素敵だな。。


> 私は薬が劇薬なので平均寿命マイナス15年で人生スパン考えてます♪
劇薬なのですね。。
それも含めて理解して薬と上手く付き合う。そういう生き方もあるとおもいます!!
納得して受け入れているのであれば、潔いと言うか。。。上手く言えませんが。。
私は当時、迷いながらも使用してました。ソレガヨクナカッタ!
v-354今は、体が楽になるのであれば、使う!!コレが私の信条です!キッパリ
(当時は、たくさんの薬。。心配した夫は薬には不賛成。。父には、「これ見よがしに薬など飲んで!なら、入院すればいいじゃん!」と、ののしられたりして。。薬を隠れて飲んでいました。。)
薬は、、色々考えさせられる事もあるけど、必要な時には、必要ですもの!!!!!
 うちの夫も、毎日喘息の薬を飲んでいますもの。

今日も、私もお料理で、薬のマイナス面、消せるといいな。。と思ってお料理します!
おみそ汁、作ろう!!
体の弱い家族のためにも!!(うち、みんな弱い~~)


60まで生きるとなると、折り返し地点は当に過ぎた計算。。
悔いのない人生にしたいなぁ~~と、ぼんやり思います。
昔は、色々人生企画立てきちんと計画予定を終わらせてておりましたが。。
今は、志半ばで倒れても。。。それもいいものかな。。。と思っています!
(どう説明すればいいだろう?ネガティブな感じではなく、ポジティブな感じでそう思ってます!!
何かを終わらせて、すっきりしたお顔で行くのもいいですけど、、
命尽きるま間際まで、何かを成し遂げようとしている姿って。。。素敵だな。と思って。。)

コメント*ありがとうございます(*^^*)本当に**

■ 3番目の鍵コメさまへ Re: はじめまして!

はじめまして*コメントありがとうございます(^^)

子供を生むと、「母は強し!」とよく言いますが。。。
やはり、強くなりますね(^^)
自分の為ではなく、誰かの為。。。の方が、より力が出る。。
と、有名タレントさんがおっしゃってましたが、、本当ですね。。

こちらこそ、よろしくお願いします(*^^*)
私もソチラのブログへ遊びに行かさせていただきますね**

■ 知らされることとされないこと

あの頃は「患者に知らせる義務」がちゃんとしていなかったから、お医者さんもかなり悩まれたかもしれませんね。
でも後遺症、これから出産経験する若い女性にとって大切な術後の生活など沢山教えてくれることもあったはずなのに…
でも今は災い転じて福となりでしょうか?
旦那様も中二病君も2わんこもいてこっちが家族だよね。

私の年上の親友の旦那様は骨癌でした。
ちゃんと余命宣告もしてもらい。
自分で治療選択ををして自宅で余命を過ごしました。
それは家族と一緒にいられるからです。
奥さんだけでなく2わんこ+1にゃんこ☆
無駄な延命処置をされるのはきっぱり断り、庭の見える部屋で息を引き取りました。
とても素敵な方でした、何回泊っても嫌な顔せず歓待してくださり、娘さんがいないうちなので(息子さんが2人)いつもちょっぴり照れてお話をされてました。

韓国ドラマは私はあまり観てなかったのですが今年はなぜか生と死についてのドラマを立て続けに見ました。
でもなぜか素敵な明るいドラマでした。
「私の期限は49日」と「女の香り」です。
機会がありましたらお勧めします。

私は薬が劇薬なので平均寿命マイナス15年で人生スパン考えてます♪

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ ぽぉちゃんへ

コンニチハ*ああ、今日も、変わらず、コメントを。。。アリガトウ!!

なかなか、こういうのはコメント、難しいと思います。。。
果たしてUPして良いものか?どうか??とも、前から迷ってはいたのですが、
はなちゃんのみそ汁を観て。つい。


> 幸せがまってますよ。もうはじまっていますね・・
温かい、こめんと、ありがとう。。
こうして書いてしまったのは、甘えかもしれないけど、
受け止めてくれて。。ありがたいです(;;)感謝です。

今後も、変わらず、マイペースで楽しく行きたいと思いますので、
よろしくお願いします♪(*^^*)

■ 2番目の鍵コメさんへ

そちらに飛んで、お返事書きますね*
どうもありがとう!!アリガトウ**

■ サクラさんへ♪

こんばんは(^^)さくらはん♪

最初は。。。悪い塊を取っただけ♪
怪我みたいなもんだ!
・・・そんな風に思ってました。
でも、悪性か良性か分からない。。。と、最初の検査のときは、
もしかして???って、考えてたんですけどね。

先生に、良性だ!!って、言われた時には、
本当に信じてしまって、14年。汗))
信じちゃった方が、自分も楽だったのかなぁ~~~
って。。。今思います。

でも、弱って血便や不正出血・点滴通いで困ってる時に(赤ちゃん居るのに)、
主治医さん、心療内科に回したの。
その時、主治医は、はっきりと私に本当の病気を
言ってくれるのが筋では?と思ってしまった。。。

後から、主治医に聞いたら「ご両親から本当のことは聞かなかったの?」
って言われて。
両親に聞いたら「先生から聞かなかったの??」って。。。
なんだかなぁ・・・


> あたしもがんで最愛な人を亡くしてるので がんの恐ろしさを目の当たりにしてきました。
> ホントに怖い病気です。。。
そうでしたか。。。そうでしたか。。。
自分よりも、最愛の人をご病気でなくされる方が、辛い事と思います。。。
私も、自分がなるより、夫や息子がもしなったら。。。やっぱりもっと辛い。。
とても大変な辛いご経験をされたのですね。。

意外に多い病気かもしれませんが、、普段はこの様なお話しませんものね。。
でも、いざしても、相手が言葉に詰まってしまうので
かわいそうで、あまり言わないように、ある時からしたのです。
でも、自分や家族が同じ病気だと話しやすいと言うのもあったりしますよね。
(人によってと思いますが。)励ましあったり慰めあったり。。

> あたしのブロ友さんも今 乳ガンと戦ってる方がいるんです。
> 全摘して 抗がん剤・放射線・ホルモン治療と辛い治療を受けられてるんですが 自分の病状をわかってるので 前向きに治療に専念されてます。
そう、それしかないですものね。前を向いて一緒に歩こう!!!
お友達のご病状、少しでもいい方向に!!祈ってます。。。。*
女性の方が。。きっと強いような気がする。。


> でも好きなコトをして 楽しく笑って毎日を過ごしていれば
> ナチュラルキラー細胞が活性化して 病気をよせつけなくしてくれます♪
> だから沢山 好きなコトを楽しみましょう♪
ほんと*そうですよね。どうもありがとう!!!
ナチュラルキラー細胞*たっくさん増やさないと♪
生きがい療法♪生きがい療法♪♪・・・で、免疫力・あげなくちゃね☆

コメントしづらい内容なのに。。。ありがとうね(*^^*)ありがとう*

■ 最初の鍵コメさまへ

コメントありがとうございます**

私も、初期段階で、、それでも「念のため」と放射線治療でしたから、
放射線治療ががまだないと言う事は、きっと私よりももっと初期段階なのかもしれませんね。

子供の為に、今は、生きなくては!!ですよね!
私は、もし、60歳まで生きたら。。。
すっごくお祝いしようと思ってます!!!

いろいろ・・心中お察しいたします。。
色々あるかと思いますが。。
もし、私でお役に立てるようなことがあるとしたら。。。
なんでも、質問してくださいね!!
相談でも、素朴な質問でも・愚痴でも!?(笑)何でも!
分からない事いっぱいですが、分かることなら、言いにくい事でも
なんなりと~~~
それが私の使命でもあると思ってます!(大げさかな??)
(根が明るいので、こんなことも、つい、明るくかいてしまって・・・
本当にすいません。。。でも、真剣です!!)


温かいコメントありがとうね(*^^*)
また、ブログに遊びに行きます**

■ 

今日は字がいっぱい~♪なんて思いながら読ませて
もらったのですが・・・

いつもたまむしさんの元気いっぱいの
ブログを拝見させていただいて元気もらって
いるのですが・・・
まさかこんな辛いことがあったなんて衝撃を受け
動揺しています。
昨日読ませていただいたのですが、直ぐに
コメント書けなくて・・・

でも・・・
辛いことがあった分、これからは
幸せがまってますよ。もうはじまっていますね・・
素敵な旦那様、息子さん、ワンちゃん、
そしてブライスさんたちも
みんな、たまむしさんの強い味方ですよ!


本当はもっともっと、コメントしたいのですが
この辺にしておきますね。

どうかお体に気をつけて生活してください。

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 

ヾ(●´ω`●)こんばんはぁ♪

たまむしさん そんな大病を経験してらしてたんですね・・・
でも18年たった今も 元気で毎日を暮らせてることは、
心から喜ばしいことです(泣)
でも今でも その時の病気の後遺症と戦ってられたんですね。

キチンと適切な説明や治療をしてくれなかった先生に対しては、怒りを覚えます!!
その時 ちゃんとした治療をしてくれてたら・・・と思うと 会ったことないですが めっちゃ腹立たしいです。

あたしもがんで最愛な人を亡くしてるので がんの恐ろしさを目の当たりにしてきました。
ホントに怖い病気です。。。

あたしのブロ友さんも今 乳ガンと戦ってる方がいるんです。
全摘して 抗がん剤・放射線・ホルモン治療と辛い治療を受けられてるんですが 自分の病状をわかってるので 前向きに治療に専念されてます。

自分の病状を知るって 凄い怖いことですが
知ってるからこそ 生きるために頑張ろうと思えるんですよね!!

たまむしさんも 大切なご家族のタメに ご自分のお体を
くれぐれもご自愛下さいませ。。。
無理は、禁物ですよ!!

でも好きなコトをして 楽しく笑って毎日を過ごしていれば
ナチュラルキラー細胞が活性化して 病気をよせつけなくしてくれます♪
だから沢山 好きなコトを楽しみましょう♪

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |